topview topview

リースバック

Leaseback

自宅売却後も住み続けたい方へ

リースバックとは

リースバックの仕組み

リースバックの仕組み

リースバックとは、所有している自宅不動産などを不動産会社などに売却して一括で現金を受け取り、その後も家賃を支払いながら同じ家に住み続けることができる仕組みです。リースバックを利用すると、不動産の所有権は不動産会社へ移ります。不動産の所有権が移っても、賃貸契約を結ぶことで自分の住み慣れた家に住み続けられるのが大きな魅力です。

リースバックの目的

リースバックは、不動産を手放して身軽にしたい、一括で現金が欲しい場合に有効です。
売却しても賃貸として住み続けることができるので、通常の不動産売却のようにすぐ退去する必要はありません。必要な時期に合わせて退去できるのが魅力です。
また、相続の準備としてもリースバックは有効的です。相続が発生時に複数の法定相続人に対して不動産が一つしかない場合、特定の誰かが相続すれば不平等さが生まれてしまいます。円満な相続のためには現金を残しておいたほうが相続人にとって負担が少ないです。

リースバックの目的
リースバックで利用できる不動産の種類

リースバックで利用できる不動産の種類

リースバックは、戸建て住宅はもちろんマンションの一室にも活用できます。また、マンション経営やアパート経営をしている場合、一棟まるごとリースバックすることもできます。

お問い合わせ

リースバックと他制度の違い

リースバックとよく比較される制度として、任意売却とリバースモーゲージがあります。
ここでは、他制度とリースバックの違いについて比較します。

任意売却とは?

住宅ローンの返済が厳しくなった時には、自宅不動産を売却した資金で住宅ローンの返済をします。ただし、売却資金で住宅ローンの残債が完済できない場合は、金融機関と相談して「任意売却」という形がとれるケースがあります。
任意売却をすることで、一定の条件のもと抵当権を解除してもらえるのです。競売に比べて市場相場に近い価格で売却でき、ローンの残債を分割払いにできるといったメリットがあります。
最近では任意売却とリースバックを組み合わせて、任意売却した不動産にリースバックで住み続けるケースも出てきました。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージは、「リバース=逆」「モーゲージ=抵当・抵当権」を組み合わせた言葉で、不動産を担保にして融資を受ける方法です。住宅ローンは一括で借りた資金を毎月返済しますが、リバースモーゲージは一括で借りた資金を一括で返済します。
老後資金を準備するためにリバースモーゲージを利用して、債務者が死亡した時に相続人が自宅を売却した資金で一括返済します。
リースバックとリバースモーゲージはよく似ていますが、リースバックは不動産の取引でリバースモーゲージは融資という点が大きな違いです。

リースバック リバースモーゲージ
物件の所有権 買取会社 本人
資金の使用用途 自由 投資・事業資金は不可
対象物件 一戸建て・マンション
(区分所有)
一戸建て
(マンション不可の場合あり)
年齢物件 制限なし 原則65歳以上
同居する家族 自由 配偶者のみ
固定資産税の納税義務 買取会社 本人
契約終了後 買い戻し可能 売却

リースバックの
メリット・デメリット

メリット

  • 自宅に住み続けられる
  • 引っ越し資金が必要ない
  • 固定資金の支払いが不要
  • まとまった現金がすぐに手に入る
  • 物件を売却したことが周囲にバレづらい
  • 将来的に再購入もできる

デメリット

  • 所有権が変わる
  • 家賃を支払う必要がある
  • 自由にリフォームができない
  • ずっと住み続けられる保証はない
  • 売却費用が相場より安め
  • 買い戻し費用が高い

リースバックは、住み慣れた家に住み続けながら一括でまとまった現金を手にすることができる画期的な仕組みです。老後資金の準備や相続対策のために注目されています。
引っ越しをしたくない、周囲に不動産を売却したことがバレたくないといった場合にメリットがある方法といえるでしょう。通常の不動産売却とは異なり不動産会社へ売却するので、現金化までの期間も短いのが特徴です。
ただし、リースバックは通常の不動産売却より売却価格が低くなる、家賃相場が高い、不動産を買い戻す時の費用が高くなるといったデメリットがあるので注意が必要です。
また、普通借家契約の場合、希望するかぎりずっと賃貸として住み続けることができますが、定期借家契約は、貸主側が契約を更新しないと主張すれば借り続けることができません。
契約時にどちらの契約かを必ず確認する必要があります。
不動産会社によってリースバックの条件は異なりますので、複数社に見積もりを取るのがおすすめです。
後から悔やまないように、納得がいく契約が結べるようにしてください。

リースバックについてのお問い合わせは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

リースバックについての
お問い合わせ

リースバックについてもっと詳しく知りたい方、お申し込みをご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

WEB仮申し込みはこちらから WEB仮申し込みはこちらから 融資案件紹介はこちらから TEL:0120-788-005